産業インフラ

  • 特別高圧電力:66,000V(50,000kW)まで供給可能
  • 高圧電力:団地まで高圧電力線が架設済み
  • 都市ガス:団地内にLNGサテライトからの供給
  • 下水道:生活系排水の排出が可能
  • 水道:生活系上水道の供給が可能
  • 情報通信:東北インテリジェントの光ファイバケーブルが団地西側に、東日本電信電話の「フレッツ光ネクスト」提供エリア

産業インフラ

 

LNG供給施設(市営水の郷ガス製造所)

環境に優しく、クリーンなエネルギーを供給

LNG供給施設

  • 団地内には市営のLNG供給施設が整備されています。
  • 現在は、80KL貯槽タンクが2基設置。日量ピーク:24,100Nm3を供給。
  • 平成31年度には100KL貯槽タンク1基増設。日量ピーク:48,200Nm3の供給体制を整備する予定。
    ~最大貯槽タンク6基、日量:80,000Nm3の供給体制可能。
  • 魚沼市直営・24時間体制で供給(送出圧力0.2Mpa・付臭なし)。

LNG供給施設

 

電力の供給

高圧電力

工業団地付近に電線が架線済みで、普通高圧電力6,000Vの供給がすぐにでも可能です。

特別高圧電力

工業団地から約800mのところに特別高圧電線があり、66,000V、50,000kWの供給が可能です。
特別高圧電力の供給は、通常27ヶ月が必要となります。供給までの具体的なスケジュールについては、お問い合わせください。

 

ガスの供給(魚沼市営水の郷ガス製造所)

天然ガスを新潟東港からローリー輸送し、団地内の水の郷ガス製造所(サテライト設備)に貯蔵します。水の郷工業団地へは、このサテライトからガスの供給が可能です。クリーンエネルギーとして、冷暖房やガスコージェネレーションシステムにご利用いただけます。

事業主体 魚沼市
ガス種 13A
本管の供給圧力 中圧供給(0.2MPaG)
計画供給量 御社の意向に合わせた供給が可能です。
既設2基・新設1基(日量ピーク 48,200m3/日)最大6基 80,000m3/日
使用料金 供給事業者と御社との契約により金額が定められます。

 

商用電力とガスコージェネレーションシステムの併用モデル(自家発電装置)

電力会社から購入する電力の他に、ガスコージェネレーションシステムを活用することにより、省エネ・省コスト、環境負荷低減、セキュリティ向上などを図ることが可能です。

自家発電装置

 

ガスコージェネレーションシステムの廃熱を利用した融雪モデル

ガスコージェネレーションシステムにより、電気の他、排熱が発生します。この排熱を活用し、屋根や駐車場の冬季間の融雪に利用することも可能です。

融雪モデル